ウーマン

妊娠線を残さない|予防方法はいくらでもある

このエントリーをはてなブックマークに追加

まだらなお腹にならない

妊婦さん

ダイエットなどをしない

妊娠すると女性の体は大きく変化します。妊娠により女性ホルモンの分泌が盛んになり、眠くなったり倦怠感が強くなる、つわりなどの症状が現れます。つわりが終わる妊娠中期頃から、胎児の成長と共に妊婦もやっと食欲が戻って食べられるという人が増えてきます。そこで問題になるのが体重増加です。妊婦が出産までに体重が増えるのは約10kg前後が目安とされています。近年では美容を気にして太ることを嫌い、予防として妊婦でも太らないよう極度にダイエットなどを行う人がいますが、これはとても危険です。妊婦の適正な体重増加がない場合、胎児への栄養をうまくはこぶことができずに貧血や胎児の発育の遅れ、流産や早産というリスクが高まります。低出生体重児は将来生活習慣病になりやすいなど、大きな問題をかかえてしまいます。

一度できると消えません

妊婦は痩せすぎても太りすぎてもリスクが高まります。妊婦の体重増で目立つのが妊娠線です。妊娠線は胎児の成長や妊婦の急激な体重増加により、お腹の皮膚が伸びきってしまうことで皮膚がお腹の大きさについていくことができず亀裂が入ってしまうものです。妊娠線はお腹以外にも太ももや乳房、お尻などにも現れることがあります。予防をせずに放置しておくと、どんどんと亀裂が増えていき、お腹周りが赤や紫の線状班がたくさんできてしまうのです。妊娠線は一度できてしまうと消えません。妊娠が分かった頃からの早い予防をすることが大切です。予防としては乾燥を防ぎ、保湿を行うことです。保湿クリームで乾燥を防ぎ、皮膚を常に柔らかくしておきましょう。

肌から吸収されるビタミン

美容液

ビタミンc誘導体とは、ビタミンcを肌から直接吸収しやすいよう加工した物質のことです。直接の保湿効果はありませんが、肌の性質を改善して保湿力を高めてくれます。注意点としては即効性がなく変質しやすい点で、効果を発揮するには他の化粧品を併用する必要があります。

詳細へ

肌の水分を保持するために

婦人と美容液

保湿を目的として化粧水を選ぶならば、ヒト型セラミドやヒアルロン酸が配合されている製品を選ぶ必要があります。使用する際には、手のひらで直接つけてなじませると肌に負担を与えません。さらに化粧水が人肌に温まることで毛穴が開き、成分を浸透させやすくなります。

詳細へ

すっぴんでもキレイになる

まつげ

まつげを増やす効果のあるまつげ美容液は、ドラッグストアなどですぐに手に入れることができます。多数のメーカーが参入している分野ですので、自分に合った商品を探すことも難しくありません。色々なメーカーの商品を試してみましょう。

詳細へ